MENU

放置しておくと頭頂部がはげてしまう「AGA」とは

男性と女性では薄毛のタイプが違うといわれています。

 

特に30代以降の男性で薄毛に悩まされている人のほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」だといわれていますが、AGAを発症すると「頭頂部のつむじの周囲」や「前髪のある前頭部の生え際」の抜け毛から始まります。

 

なぜこの部分の抜け毛から始まるのか気になる人もいると思いますが、AGAは男性らしい体を作る役割のある「テストステロン」という男性ホルモンと「5αリダクターゼ」という酵素があわさってできる「ジヒドロテストステロン」が原因で発症します。

 

そしてこの5αリダクターゼという酵素が頭頂部や前頭部の生え際に多く存在すること、更にこれらの部位はストレスや生活習慣の乱れなどで血流が悪くなりやすく、皮脂が分泌されやすいという特徴があるため薄毛になりやすいのです。

 

ちなみに女性の薄毛は放置しておくとはげてしまうことはなく、頭皮が透けて見えるまでになりますが、男性の薄毛は対策をせずに放置しておけば最終的にはツルツルにはげてしまいます。

 

ここまでくると病院で内服薬による治療を受けたり増毛や植毛という手段ではなかなか改善しません。しかし抜け毛が増えてきたと感じ始めた頃に治療を受ければ症状を改善できる可能性は高いです。

 

もちろん薄毛を進行させる原因となる「生活習慣の乱れ」で思い当たる点があれば見直すこと、そして必要であれば育毛剤を使って対策をしていくことをおすすめします。