MENU

薄毛治療で得られる効果と期間の違い

薄毛治療を専門の施設で行おうとする場合、ミノキシジルとプロペシアによる併用が一般的です。飲み薬と塗り薬を併用することで、体の内側からも外側からも同時にケアを行うことができます。

 

見た瞬間に薄毛であることが分かる程度まで進行してしまったらすぐに専門医を受診することが大切ですし、専門医を受診したとしてもどちらか一方の薬だけでは十分な効果が得られない可能性があります。飲み薬と塗り薬の両方を揃えることではじめて大きな効果が期待できるものであり、進行を食い止めることができます。
AGAクリニック大阪

 

これらの治療薬を利用するにあたり、一般的な経過を説明されると思いますが、やはり効果には個人差がありますので、人によってはあまり効果が現れなかったり、逆にすぐに効果が現れることもあります。治療法が合っていない、または既にかなり薄毛が進行していて現在の治療法では止めることができないと判断した場合には、別の方法を考えなければなりません。

 

かなり進行してしまった場合は、1日でも早く症状を良い方向に向かわせるために、強力な作用の期待できる治療法が必要です。短い期間でも成果があがりやすいのは、有効成分を頭皮に直接注射する方法であり、それまでの間接的なアプローチによる治療法と比べると毛母細胞により強く働きかけることができるといわれています。

 

注射から注入された成分は、そのまま毛根にある毛母細胞や毛乳頭に働きかけます。

 

この方法なら細胞が活性化しやすいので、細胞分裂をスムーズに促すことができます。毛母細胞がまだ生きている状態ならかなりの確率で反応する方法であり、現在行われている治療法の中でも特に高い効果が期待できると評判になっているものです。
薄毛治療の費用

更新履歴